デリヘル体験入店の心得とチェックポイント

デリヘル体験入店するときにチェックする事柄とは?まとめて紹介します! - デリヘル体験入店の心得とチェックポイント

更新情報

体験入店サイト
風俗体験入店

アーカイブ

デリヘル体験入店の心得とチェックポイント

デリヘルのような風俗店には、「体験入店」という制度があります。初めて挑戦するなら、まずは体験入店をしてお店の雰囲気や、お仕事の内容をつかんでおきましょう。もちろん、体験入店で働いた日もお給料をいただけるので、チャレンジして損はありません。

面接から体験入店までの流れ

qwqtrht
まずは面接の予約をしましょう。最近は電話・メール・LINEなどいろいろな方法で応募を受けつけています。中には、メールで写真を送るだけでもOKというところもあるようです。面接場所は、カフェやファミレスなどの店舗外のこともあり、気負わずに応募できるお店が多くなっています。
基本的に履歴書は不要です。その代わり免許証やパスポートなど、年齢を証明できるものが必要になります。また、履歴書の代わりにその場で簡単なアンケートのようなものを書くこともあります。名前や連絡先、趣味などの一般的な質問のほかに、スリーサイズや得意なプレイなど、風俗特有の質問も含まれています。
また、面接を受けたら必ず体験入店をしなければならない、ということはないので安心してください。すすめられるかもしれませんが、そこは自分で判断して答えましょう。断り切れるかどうか心配なら、最初から「今日は面接だけでも大丈夫ですか?」と確認しておくとよいかもしれません。

体験入店後の流れや講習内容

wqryrsts
サービス業なので、実際にお仕事をはじめる前に「講習」が行われるお店が多いです。一般のお仕事でいうところの「研修」にあたります。お店によっては、体験入店でも病院で簡単な検査を行ってから、というところもあるようです。お店のホームページやパネルの写真撮影も必要になってきます。
講習は、必ず受けなければならないお店と、そうでないお店があります。受けなければいけない場合、講習の内容は大きく分けて「DVDを見て覚える」「スタッフによる口頭での説明」「スタッフによる実地講習」「外部のインストラクターによる講習」の4つがあります。
最近は実技講習を敬遠する女のコが増えてきたということで、DVDによる講習が多くなってきているようです。講習の有無や内容が自分の希望に合うかどうか、事前に確認しておくことをおすすめします。ちなみに、実技講習で本番やフィニッシュまでの行為を要求されたら、それはセクハラにあたるので断って構いません。

お店での接客の流れやルールを覚えましょう

yjdtjyt
接客マナーや基本的なプレイ、料金体系や道具の使い方、本番を強要されたときの断り方など、初めてだとわからないことや心配なことがたくさんあるはずです。自分にもできるお仕事か、どれくらい続けられそうか、本当に稼げるのか、どんなお客さまが多いのか、気になることも多いでしょう。
それらを解決するのが体験入店です。実際に経験してみることで、そのお店での接客の流れやルールを一通り学ぶことができます。講習については「緊張するけど、実際にやってみたほうが覚えやすかった」という意見もあります。経験の少ない方は一度、実技講習を受けておくと、初めての接客のときに自信を持って対応できることでしょう。
一般企業への就職活動では、何社も掛け持ちして面接を受けるのは当たり前です。風俗の面接でも同じように、何店かのお店に体験入店で入って様子を見て、よく吟味した上で入店先を決めることはよくあります。同じ大変な思いをして働くのですから、自分の希望に合った働き方ができるよう、お店選びには慎重になりましょう。
体験入店が出来る風俗求人なら【高収入ドットコム】稼げる体入速報はコチラ!

Copyright(C)2016デリヘル体験入店の心得とチェックポイントAll Rights Reserved.